歩いた距離 iphone。 実際の距離を地図上で測定できるアプリ

iPhoneで移動距離を測れますか?

歩いた距離 iphone

Google マップの地図上で、ある地点からある地点までの距離を算出できます。 複数の地点を指定できます。 たとえば、2 つの都市の間の直線距離を測定できます。 手順 1: 最初の点を設定する• iPhone または iPad で Google マップ アプリ を開きます。 地図上の任意の場所を押し続けます。 赤いピンが表示されます。 画面下部で場所の名前をタップします。 その場所のページを下へスクロールし、[ 距離を測定] を選択します。 手順 2: 次の点を設定する(複数も可)• 次に点を追加する場所へ黒い円(X 印)がくるように地図を移動します。 右下の [追加] をタップします。 必要な数だけ点を追加します。 手順 3: 距離を確認する• 画面下部に総距離がマイルか km で表示されます。 省略可: 最後に設定した点を削除するには、[元に戻す] をタップします。 すべての点を削除するには、右上のその他アイコン [ クリア] の順にタップします。 作業が終わったら、左上の戻る矢印をタップします。

次の

実力やいかに!? iPhone内蔵の歩数計がどれだけ正確か検証してみた

歩いた距離 iphone

距離、歩数、歩幅の換算方法 「歩いた」もしくは「ランニングした」距離は、歩幅と歩数の積によって換算することが可能です。 計算式にすると以下の通りとなります。 このとき、歩幅は「個人」や「ウォーキングかランニングか」などの要素によって変化するため、各々のパターンでの変換方法を考えていきます。 ウォーキング時の歩幅 まず、ウォーキング時の歩幅は、歩幅はおおよそ65~85cmのと範囲に収まることが多いです。 (例えば、私の身長は176cmですが、普通に歩いた場合は75cm程度でした。 ランニング時の歩幅、距離、歩数の関係 同様に、走っているときの歩数、距離の変換の目安について考えていきます。 ランニング時の歩幅は、歩くときの歩幅よりも大きくおよそ80~160程度といえます。 つまり、ランニング時の歩幅を120cmとしたときは、歩数と距離の関係は以下の通りとなるのです。 このようにして、歩数と距離の関係の目安を求めることができます。 1キロ歩くと何歩になるか、1000歩は何キロに相当するか それでは、歩数、歩幅、移動距離の換算になれるためにも、代表的な数値を用いて計算してみましょう。 まずは、距離からの歩数への換算考えていきます。 1キロ歩くと何歩になるのか 先にも述べたように、歩くときの1歩はおよそ70cm程度です。 単位換算には十分に気を付けましょう。 1キロはランニングでは何歩になるか 続いて、ランニング時の歩数を考えていきます。 こちらでも距離1キロを走ったときの、歩数への換算を行ってみましょう。 1万歩は何キロ?14000歩は何キロ? 今度は、歩数から移動距離への換算も行ってみましょう。 ウォーキングの目安などで代表的な数値である、1万歩について考えていきましょう。 まずは1万歩歩いたときの距離を計算してみましょう。 ウォーキングで1万歩では何キロ? 上述のよう、歩いたときの歩幅は70cmです。 ランニングで1万歩では何キロ? 同様に走ったときの歩数から距離を計算していきましょう。 きちんと理解して、自分がどの程度の距離を歩いたのか、走ったのか計算できるようにしておきましょう。 まとめ ここでは、歩いたり走ったりするときの歩幅、歩数、距離の関係について解説しました。 そして、ウォーキング時の歩幅はおよそ70cm前後、ランニング時の歩幅はおよそ120cm程度です。 そのため、歩いたり走ったりという状況に合わせて、上の数値を入れて、計算していきましょう。 歩数と距離の変換に慣れ、日常生活で活用していきましょう。

次の

使わないと損!iPhoneの歩数計機能を使いこなすコツ|@DIME アットダイム

歩いた距離 iphone

距離、歩数、歩幅の換算方法 「歩いた」もしくは「ランニングした」距離は、歩幅と歩数の積によって換算することが可能です。 計算式にすると以下の通りとなります。 このとき、歩幅は「個人」や「ウォーキングかランニングか」などの要素によって変化するため、各々のパターンでの変換方法を考えていきます。 ウォーキング時の歩幅 まず、ウォーキング時の歩幅は、歩幅はおおよそ65~85cmのと範囲に収まることが多いです。 (例えば、私の身長は176cmですが、普通に歩いた場合は75cm程度でした。 ランニング時の歩幅、距離、歩数の関係 同様に、走っているときの歩数、距離の変換の目安について考えていきます。 ランニング時の歩幅は、歩くときの歩幅よりも大きくおよそ80~160程度といえます。 つまり、ランニング時の歩幅を120cmとしたときは、歩数と距離の関係は以下の通りとなるのです。 このようにして、歩数と距離の関係の目安を求めることができます。 1キロ歩くと何歩になるか、1000歩は何キロに相当するか それでは、歩数、歩幅、移動距離の換算になれるためにも、代表的な数値を用いて計算してみましょう。 まずは、距離からの歩数への換算考えていきます。 1キロ歩くと何歩になるのか 先にも述べたように、歩くときの1歩はおよそ70cm程度です。 単位換算には十分に気を付けましょう。 1キロはランニングでは何歩になるか 続いて、ランニング時の歩数を考えていきます。 こちらでも距離1キロを走ったときの、歩数への換算を行ってみましょう。 1万歩は何キロ?14000歩は何キロ? 今度は、歩数から移動距離への換算も行ってみましょう。 ウォーキングの目安などで代表的な数値である、1万歩について考えていきましょう。 まずは1万歩歩いたときの距離を計算してみましょう。 ウォーキングで1万歩では何キロ? 上述のよう、歩いたときの歩幅は70cmです。 ランニングで1万歩では何キロ? 同様に走ったときの歩数から距離を計算していきましょう。 きちんと理解して、自分がどの程度の距離を歩いたのか、走ったのか計算できるようにしておきましょう。 まとめ ここでは、歩いたり走ったりするときの歩幅、歩数、距離の関係について解説しました。 そして、ウォーキング時の歩幅はおよそ70cm前後、ランニング時の歩幅はおよそ120cm程度です。 そのため、歩いたり走ったりという状況に合わせて、上の数値を入れて、計算していきましょう。 歩数と距離の変換に慣れ、日常生活で活用していきましょう。

次の