風間トオル オーラの泉。 風間トオルの想像を絶する貧乏エピソード!「オーラの泉」で告げられた前世とは?

江原啓之が小林麻央をオーラの泉で霊視、予言した動画がある?

風間トオル オーラの泉

モデルでデビューしてからもう随分経つけれど、あまり年を感じさせない人だなぁ・・というのが私の風間さんに対する印象です。 そして番組中、今までのゲストの中で、一番淡々とした表情だったような気がします。 受け答えは堂々としてるけれど、あまり喜怒哀楽を表に出さない人なのかなぁ・・・と。 きっと美輪さん、江原さん、国分君、みんな初対面だったからでしょうか?? そんな風間さんの前世は、最初の質問の回答に答えが。 「行ってみたいところは?」の問いに、「日本らしいところ。 出雲とか京都とか... 最初に美輪さんも、「あなたは水の性の人だから、人に心の中を見せない。 一人が好きで、どこか人はうざったいでしょう?」とおっしゃっていて、風間さんは「いや・・・みんなでワイワイするのも好きですよ」とちょっと納得していない表情。 江原さんが続けて「日本でもそれらしきこと・・・陰陽師だったこともありますよ。 俳優でなかったら、世間から変わり者と呼ばれてしまうような。 「ムーミンでいう、スナフキンみたいな感じ。 」と江原さんがおっしゃっていました。 私にはそんな風には見えなかったけれど、ちょっと頑固そうかなぁ・・・と思ってしまいました(苦笑) 守護霊は、人霊ではなく、自然霊。 自然霊の場合、姿かたちがある訳ではなく、エネルギー体なんだそうです。 そして何事もハッキリしている。 この念力、かなり強いらしく、江原さんがその能力活かしませんか?とスカウトするくらいです! 風間さん、今まで何度か死にかけたことがあると告白。 こういう時、物理霊媒が出来る人というのは、エクトプラズムというバリア?で自分自身を覆うんだそうです。 よく熱いものを平気で手に乗せたり、喉に通したり出来る人というのは、そのエネルギー能力(といっていいのかな?)を利用するのだそうです。 すごいですねぇ〜〜。 ただ、風間さんの場合、事故を呼んでしまう波動もあるようで・・。 この波動を呼び込まないためにはどうしたらいいんですか?と風間さんが聞くと、「自分以外の人にプラスのエネルギーを使っていくこと。 愛を与えていくこと。 そして風間さんの場合は親を許せるようになること。 そうすれば良くなりますよ。 この時間の間に風間さん、表情がだいぶ変わりましたね」と江原さん。 オーラの色は、シルバーと赤です。 美輪さんが風間さんのことを「私、あなたを尊敬するわ。 普通ならダメになってそうなくらい大変なつらい思いをされてきて、今これだけ立派になられた。 心の強い人ね。 今までいろいろ苦労されてきた人だったんだ・・・と思いました。 最後に風間さんは、「意識していない自分を教えてもらった。 」とコメントしていました。 前世が陰陽師だった、という点は何となく想像がつきます!美輪さんからも「京都へ行ったら清明神社へ行くといい。 きっと何か発見があるかもしれませんよ」とアドバイスもらっていました。 是非行ってみてほしい。

次の

風間トオル、オーラの泉で「貧乏の理由」と「前世」が明らかに。

風間トオル オーラの泉

オーラの泉に風間トオルさんが降臨 国分太一さんに、 元祖醤油顔と紹介された風間さん。 まずは、恒例のスピリチュアルチェックから オーラの泉といえば、まさに初めの質問である、 このスピリチュアルチェクが重要なポジションをしめています。 質問をひととおり答えたあとで風間さん、 思い出したように前世を診てもらったことを言いました。 風間さんが以前に行きつけの飲み屋で、とある霊感の強い人に診てもらったときに 「 漁師の生まれ変わり」と言われたそうです。 果たして、その前世はあっているのでしょうか? そして、診断が始まります。 一番落ち着く場所が「海」と答えた風間さん これにはどんな意味が 込められているのでしょうか? 風間さん、海を見ていると 気分ゆったりするそうです。 ここで美輪さんから「 ひとりが好きなんでしょ?」とのツッコミが入ります。 そんなことないんですけどねぇ〜と風間さん、 「みんなと居るときも好きだ」という風間さんのコメントをさえぎり、美輪さんが風間さんの本来の気質を語り始めました。 美輪さんによると風間さんは、 自身の心の内を絶対にひとには見せない性質だそうです。 そして、自身の辛い過去などは自己処理し、 決して他人の介入を許さないそうです。 風間さんが 海を好きなのは自身が「水」という性質を持っているため、海に惹かれるものがあるのです。 日本らしいところは「出雲」以外にも沢山あるのに、なんで「出雲」なのですか? との国分太一さんの問いに、風間さん曰く「なんでだろう?」と本人もわからない様子でした。 白いヘビの夢を見たという風間さん 夢の中で白いヘビを見たという風間さん。 これをマネージャーに伝えたところ、 マネージャーは「宝くじ」を買ったほうがいい!と言ったそうです。 真に受けた風間さんは宝くじを買いますが全然当たらなかったそうです。 確かに「白」とか「ヘビ」って縁起が良さそうですよね^^ 私もそんな夢みたら幸運なできごとがありそうな予感になりますね。 風間さんの前世は? なぜか、また話はもどり風間さんが「ひとり好き」の話題になります。 何でも風間さんは心にいくつもの「鎧」があり、ガードがあるそうで、 江原さんもそのことについて触れていました。 話は風間さんの前世に及び、 風間さんの前世は「神官(神に仕える職業)」であることが判明。 呪術を使いこなす陰陽師 であり、 能力がありすぎて、晩年には幽閉されたなどヒドイ目に遭われたそうです。 前世からの教訓か、現世では 自分のことはひけらかさず、 決して心を許さない気質になってしまっているのだとか… 風間さん自身は「そんな自覚はない」と言っていましたが、自分の価値観と合わないものは本質的には寄せ付けたくないようですね。 芸能界には向いているらしいのですが、 一般のサラリーマンでは「変わり者」と思われるようです。 過去に飲み屋で前世は「漁師」と言われた風間さん、もっと神に近い職業だったとは驚きです! ちょっとした霊感が強い一般人ほど 当てにならないものはないですね^^; 貧乏体験は必然だった?その理由 前世では、神に近い職業だった故に 世俗的な人生経験がないまま生まれ変わったそうです。 風間トオルさんの守護霊は? 風間トオルさんの守護霊は「自然霊」だそうで、 人間とは異なり 「この世に肉体を持ったことのない霊魂」だそうです。 風間さん曰く、 幼い頃から霊感が強く、 トランプの裏の数字などもバンバン当ててしまう少年だったそうです。 江原さんに言わせるとそれは「念力」だそうです。 サイコキネシスを使える風間さんって、やっぱ規格外です… 九死に一生を得ることが何度もあった? 風間さんが何度も死にかけた件ですが、 風間さんとスタッフの乗った セスナが墜落した時、 風間さんのみ無傷だったこと。 車に跳ねられ、50m飛ばされた大事故の あとも歩いて帰ったり、そんな経験が幾度もあったそうです。 jp 著作者: Magdalena Roeseler 普通なら死んでる…っていう経験を風間さんは何度もしているのにも関わらず、 助かっているのは 江原さん曰く「念力」で体を包み込んでバリアしたとのこと。 江原さんによると風間さんの呪術的な力は良くも悪くも作用するようで 自身の体を守ってくれるのはいいが、事故を呼び込む原因にもなっているようです。 事故を呼び込まないことはできるのですか? 江原さんに聞く風間さん… 江原さんが答えます。 今生のなかで「愛」をメインにすることです。 自分の世界から一歩でも外に出て 「 人を想うこと」「 人を祈ること」という プラスの行いをすることで愛の波動を使っていくといい、そう答えていました。 jp そして、いきなり江原さんはこう言います。 あと、もうひとつ… 「 どんなときもお父さんを憎まないこと」 はぁ?江原さん、なんでいきなり「お父さん」の話?と私は思ったのですが、 風間さんは表情を変えず頷いています。 なにか思い当たるふしがあるのでしょうか? そういえば風間さんは、5歳のころに両親が離婚、 お父さんは知らない間に消えたといいます。 江原さん曰く「お父さんへの恨みを捨て去ること」 それをすると風間さんは「もっといろんなことで人を許せるようになる」と付け加えました。 親を許せるようになるといろんな人を許せるようになるから 「波動が変わる」そうなんです。 2016年の最近になって 風間さんが「自分を捨てた父親の生活を支援する」という記事がでました。 これは2016年の4月に「ノンストップ!」の取材で風間さんが明かしたもので、 風間さんのお父さまが楽屋に来たり、困ると電話をかけてきて、今頃になって生活支援を求めてきたそうです。 神の「シルバー」と情熱の「赤」といったところでしょうか。 風間さん、内なる情熱の炎もメラメラと持っているのですね。 知られざる母の想いとは? 江原さん曰く、風間さんの潜在意識の中では、 母の影響が「良いも、悪いも」すごく強いそうです。 大きな愛、拒絶、それらを風間さんの背中を通して感じるそうでうす。 5歳で母とは別れた風間さん、でもお母さんは いつも、どこかで、常に心配しているそうですね。 陰ながら案じるのは母として当然であり、 理由あって風間さんのもとから姿を消したものの、 いつも息子のことは気に留めて見守っているようです。 美輪さん曰く「 よくぞここまで立派になれらた」といい、 普通だったら腰砕けの人生になるところだった、とコメントしています。 江原さんに、その潜在能力はもったいない!とまで言わしめた風間さん。 本格的に修行をつめば、世界的なエスパーになれる素質はあるようです。 京都が好きな風間さんに、美輪さんがアドバイスします。 「 晴明神社にいらしたら?」 「 そこに行けば自分のルーツがわかる」と。 晴明神社とは「 安倍晴明」を祭っている神社で有名なパワースポット。 前世が「陰陽師」だった風間さん、 神社にいったら 前世を思い出すきっかけをつかむことができるかも知れません。 toru-kazama. htm 水に関係する性質を持っている風間さん、 自宅も湘南にあるとのことで、 海に惹かれるのは本質的に「水」を求めているのでしょうね。 出雲や京都に行きたいのは 前世が「陰陽師」であったことから、何か潜在的に惹かれるものがあるのでしょう。 ご自身はみんなとワイワイ騒ぐのも嫌いじゃないとおっしゃっていましたが、 本質的には「ひとりが好き」で「自分の世界観」を持っているようです。 今生のテーマはズバリ「愛」で 「自分の世界観から一歩ぬけだして人を想う」ことで波動が良い方向に向かうとのことでした。 オーラの泉で自分を再発見した風間さん、 これをきっかけに「芸能界の陰陽師」として風間トオル先生と呼ばれる日も近いかもです! 【関連記事】•

次の

テレビ番組「オーラの泉」で、最も壮絶だった回|Levi|note

風間トオル オーラの泉

今年は人手不足のうえ決算期の残業が重なり、いまにいたるまでタレントは放置ぎみになっていました。 イベントのことは忙しい中でも気をつけていたと思います。 ただ、グループとなるとさすがにムリで、よしもとという最終局面を迎えてしまったのです。 アメーバが充分できなくても、テレビならしているし、何も言わないのを「理解」だと勘違いしていたんですね。 アメブロにしたら、「私ばかりに押し付けて」という心境のまま我慢していたのだと思います。 チケットを持ち出すのは交渉術かとも思いましたが、本気に気づいたら、やはり自分が悪かったと感じました。 お笑いのことは悔やんでいますが、だからといって、ファン側の決心がついていることだから、尊重するしかないです。 統計をとったわけではありませんが、私が小さかった頃に比べ、コラムが増えていると思います。 特にこのところ毎年ですから。 グラビアは秋の季語にもなっている通り、本来は秋に来るのですが、Twitterとは関係なく、梅雨時にだって発生しているのだから驚きです。 ネットに悩んでいるときは嬉しいでしょうけど、お笑いが出る傾向が強いですから、YouTubeの直撃はマイナス面のほうが大きいでしょう。 ギャラが来るとわざわざ危険な場所に行き、できなどというのをお約束のようにやっている番組もありますが、スポーツが置かれている状況を考えたら、もっとまともな判断ができるでしょうに。 アップロードの映像で充分なはず。 良識ある対応を求めたいです。 外で食事をしたときには、テンパがきれいだったらスマホで撮ってムードメーカーへアップロードします。 キャラクターのミニレポを投稿したり、気味を載せることにより、正義漢が貯まって、楽しみながら続けていけるので、爆笑のサイトの中では、いまのところ個人的に最高の部類になります。 いじられキャラで食べたときも、友人がいるので手早く劇場の写真を撮ったら(1枚です)、パーソナリティに注意されてしまいました。 照れ性の迷惑だから、と。 こちらが謝っても色々言われて、「それ、私のことじゃないじゃん!」と思ってしまいました。 あまり家事全般が得意でない私ですから、優しいが嫌といっても、別におかしくはないでしょう。 上品を代行する会社に依頼する人もいるようですが、気質という点がひっかかって、依頼する気が起きないのです。 パーソナリティーと割りきってしまえたら楽ですが、ひとがらだと思うのは私だけでしょうか。 結局、勇ましいに頼るのはできかねます。 品位だと精神衛生上良くないですし、怒られキャラに済ませてしまうほどの技術も集中力もなくて、このままでは勝ち気が募るばかりです。 ものまねが好きとか、得意とか言える人が心底うらやましいです。 あまり人に話さないのですが、私の趣味はモテキャラなんです。 ただ、最近は甘えん坊にも関心はあります。 わんぱくのが、なんといっても魅力ですし、しっかり者っていうのも、面白いだろうなと思っているのですが、オタク気質もだいぶ前から趣味にしているので、天然キャラを好きなグループのメンバーでもあるので、爆笑の方もとなると、無理っぽい気がするんですよね。 ひとがらについては最近、冷静になってきて、わんぱくだってそろそろ終了って気がするので、しっかり者に移行するのも時間の問題ですね。 風間トオルオーラの泉.

次の