グランメゾン東京 無料。 第10話・グランメゾン東京(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴【ついにミシュランの調査が!】

【グランメゾン東京】見逃し配信&無料動画でフル視聴する方法|木村拓哉・鈴木京香【1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話11話(最終回)・再放送・公式動画・全話無料】|ぽっしちゃんねる

グランメゾン東京 無料

U-NEXT ビデオマーケット Paraviの詳細解説 Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。 特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グランメゾン東京』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。 2019年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか? 2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじは? 2019年12月29日 日 放送のドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじを紹介します。 ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。 突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。 一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 その矢先、ついにある事件が起きてしまう… そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。 果たして「グランゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!? (より引用) 2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)放送前の展開予想と見どころは? DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)の見どころや期待度をご紹介いたします。 祥平もやっと仲間に加わったことで、グランメゾン東京は最強のメンバーがそろいました。 きっと三ツ星をとってくれるはずだと、大いに期待したいのですが、どうも次回は尾花が店を辞めてしまうのか?という不安がよぎります。 これまで、京野や相沢、萌絵や芹田、そして栞奈たちを料理で納得させ、料理とまごころでグランメゾン東京の仲間に引きいれてきた尾花が、やっと最高の力をだせるメンバーをそろえたというのに、本人が去ってしまうなんて考えられません。 きっと、何かの間違いだと信じたいのですが…。 早く真相が知りたくてたまりません。 また、祥平のことを相当憎んでいるリンダの気持ちはどうなってしまうのか、どうしたら鎮めることができるのか、も見どころのひとつだと思います。 ペンネーム:obanabana(40代・女性) 次回最終回ということで先ずはミシュランの三つ星を取れるのかというのが気になるところです。 リンダが祥平の問題を水に流すのか、それとも公私混同するのか見ものだなと思っています。 gakuを去った丹後がどうなるのか気になります。 グランメゾン東京に来るというのが最強チームになるパターンだなとは思っています。 そうなって欲しいですが流石にドラマティック過ぎるかなと感じながら注目しています。 尾花が丹後を誘うみたいな展開が個人的には見たいなと期待しています。 倫子と京野、尾花の三角関係みたいなのもどうなるか最終回楽しみです。 ペンネーム:有吉(40代・男性) 2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想! DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ 今回の「グランメゾン東京」第11話は、寿司よりも旨いフレンチのマグロ料理を作りミシュランの三ツ星獲得を目指します。 そこへ、フランス時代の師匠であるランブロワージのシェフから電話があり、新たな日本支店のレストランのオーナーシェフを任せたいと口説かれます。 そしてミシュランの査定が迫る中、マグロのメニューが全く進まずにいた夏樹に、倫子を始め他のスタッフ達はコース料理のレシピを次々と作り上げ、スーシェフとしての意見を求めますが、スーシェフは祥平がやれと突っぱねられてしまい、倫子自身でも魚料理のメニューを作る方を決意しました。 一方gakuでは、新たなシェフとして迎えられた結月の傍若無人ぶりにスタッフが愛想を尽かし、ボイコットが起こります。 オーナー江藤が呆然としてしまう中、gakuを去ったはずの丹後シェフが現れ、gakuのミシュラン三ツ星獲得へ再始動を始めました。 オーナー江藤はこれまでとは全く異なるような働きぶりで、三ツ星獲得レストランの情報収集や食材の確保を、自分の足で行うようになります。 グランメゾンは、デザートのメニュー開発に悩む萌絵と祥平くんの為、美優との関係性を修復し、さらには倫子の開発したメニューが今までにないほどの完成度で出来あがりました。 しかし、ミシュランの審査員がまったく来店しない状況に疑問を抱いたら夏樹はリンダへ交渉に向かいます。 そこで、リンダが上司であるオーナーに逆らえずにいる事を知り、リンダの料理への舌が肥えすぎてしまい前のような感動を味わう事ができなくなってしまった事実を突き付けます。 そしてリンダは、グランメゾンの料理を食べて自分の舌を信じる決断をしました。 ミシュラン審査当日、夏樹の完成させたマグロ料理ではなく、倫子の発案したメニューで勝負する事にしました。 そしてグランメゾンは三ツ星を獲得し、夏樹はグランメゾンを去らず、共にグランメゾンで世界進出を目指します。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 今回のグランメゾン東京は、これまでの夏樹や倫子をはじめスタッフ全員の総力戦となりました。 夏樹はフレンチには不向きとされてきたマグロ料理を完成させ、倫子は夏樹すらも感動させるような素晴らしい料理を完成させ、祥平くんはスーシェフを立派に勤めあげ、萌絵ちゃんは三ツ星を獲れるデザートを完成させ、芹田くんは見事にソース作りを1人でこなせるようになり、全員が素晴らしい成長を遂げていました。 一人ひとりのこれまでから、成長した今がまるで別人のような逞しさでした。 gakuのオーナー江藤は、これまでのシェフへの対応からボイコットへの流れは仕方ないよなと思いましたが、そこへ現れた丹後さんが「パリで全てを失った気持ちはよくわかる。 そんな時に現れた江藤さんに俺は救われた。 今度は俺が救ってやる。 」と伝えたシーンはとても意外な事実を知らされました。 さらに丹後さんは窮地に陥ったグランメゾンへ、夏樹への借りを返しに来たと救いの手を差し伸べてくれたどこまでも真っ直ぐな人で格好良かったです。 リンダの自分のキャリアよりも、フーディーとしての自分は舌を信じる決断と心意気もカッコ良く、グランメゾンが三ツ星を獲れる確信が見えたように思いました。 三ツ星を獲ったグランメゾンから夏樹は去ってしまうのかと思いきや、師匠は師匠でも町の洋食屋の方の師匠のお店を少しの間任されただけであり、グランメゾンの世界進出を目指そうと倫子さんに提案したシーンは度肝を抜かれました。 まさかの終わり方でした。 これはどうしても、海外支店編が見てみたいと思ってしまう締めくくり。 スペシャル編など期待してしまいます。 ペンネーム:ちぃ(20代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ミシュランの審査に出す魚料理をマグロで勝負したい尾花はなかなかマグロ料理が完成しない。 そこで早見倫子が自分でマハタの魚料理を作り上げる。 渾身の一作を食べた尾花は自分の期待し以上の料理を作ったことに感動するがそれを表には出さずマグロ料理を作り続ける。 尾花のマグロ料理も完成し早見の料理に負けず素晴らしい料理ができ三ツ星の審査はこれでいくと尾花は告げる。 しかしミシュランの審査員が来た当日早見は自分の料理で勝負するといい、尾花はグランメゾン東京からでて行ってしまう。 しかしそれは早見のためで結果自分の力で三ツ星をとった早見は尾花の抱き合って喜ぶ。 そして尾花はグランメゾン東京で世界一になろうと早見に持ちかける。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 尾花夏樹と早見倫子の関係性がとても良かったと思った。 早見倫子のことを一番に考えて尾花は身を引き結果早見倫子は三ツ星をとった。 早見はずっと料理人尾花夏樹を尊敬していたし尾花夏樹という料理人に心底惚れているのが見ていてわかった。 しかしこの最終回を見ていて本当は尾花夏樹の方が早見倫子という料理人に惚れていたのではないかと思った。 最初は自分よりも技術も経験も乏しかった早見だが、早見その料理に対する真っ直ぐな思いや真摯に向き合う姿に尾花は料理人としての可能性を感じたから早見を誘ってグランメゾン東京を作ったのではないかと思った。 それなら本当に二人は素敵な料理人としてのパートナーだと思う。 ペンネーム:いき(20代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ついにグランメゾン東京のメンバーが揃い、ミシュランの審査に向けてレシピ開発の最終追い込み段階となった。 三ツ星を取るためのメイン料理に、フランス料理では最も扱いが難しいとされるマグロをどうしても使いたい尾花は、スーシェフを祥平に任せて自分はマグロの料理開発に打ち込むと宣言しだす。 審査まで時間がない中、グランメゾン東京のメンバーは尾花に反発する。 そんな中、倫子が渾身のメイン料理を完成させみんなを圧倒する。 倫子の料理を口にした尾花は涙を目に浮かべながら、「マグロやるわ」と再びマグロ料理の開発に没頭するのであった。 試行錯誤の末、最高のマグロ料理ができあがり三ツ星を取るためのメイン料理が完成した。 食材が届かないトラブルも丹後シェフの協力によって乗り越え、いよいよ三ツ星の審査が始まるその時、倫子はマグロ料理を辞めて自身が開発した料理をメインにしようと言い出す。 それを聞いた尾花は料理を辞め、店から出て行ってしまった。 マグロ料理ではなく倫子の料理で勝負をかけたグランメゾン東京、果たして三ツ星を取れるのかーー?? 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 最高の結末に涙しました。 3年前の事件によってバラバラになった仲間たちが皆もがき苦しみ、それぞれにいろんな思いを抱えながらみんなで作ってきたグランメゾン東京。 三ツ星を取るまでに色々な事件があり、それを料理の力で乗り越えてきました。 グランメゾン東京が三ツ星を取った瞬間、今までの経緯が走馬灯のように頭を駆け巡りました。 みんなの力で三ツ星をつかみ取ることができて、最高の仲間と共に素晴らしい料理を作り上げるのは本当に素敵で、まるで青春だと思いました。 グランメゾン東京で三ツ星を取って終わりではなく、世界中にグランメゾン東京を作りたいと高みを目指す尾花の今後が気になります。 また続編があれば絶対に見たい作品です。 ペンネーム:ももか(20代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ 尾花は、グランメゾン東京の仲間たちの意見に逆らい、ミシュランの審査まで時間が無いにもかかわらず、マグロの新しいメニュー作りにこだわっていました。 そんな様子を見かねた倫子は、自分も魚のメイン料理をつくりだすことにします。 一方、丹後が辞めたgakuでは、新しく入ってきたシェフ、結月の自分勝手な方針に皆、嫌気がさし、スタッフ全員が仕事を放棄してしまいました。 結月にも出ていかれ、肩を落とす江藤オーナーの前に現れたのは、丹後でした。 丹後はもう一度、gakuを切り盛りすることになります。 倫子が開発した、ハタを使った魚料理は、グランメゾン東京のメンバー全員の舌をうならせました。 たった一人、尾花だけは何も言わなかったのですが、実はそれは倫子の自信を試していたのでした。 いよいよ、ミシュランの審査発表の日、グランメゾン東京はついに三ツ星レストランとして認められました。 皆が歓喜に包まれる中、倫子はこれまで自分を支えてきた尾花に敬意を示したスピーチを披露します。 会場でひとり、そっと聞いていた尾花の姿を見つけた倫子は、思わず尾花に抱きつき、喜びを分かち合うことができたのでした。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 前回の予告で、尾花が倫子の前でエプロンを外し、グランメゾン東京を出て行ってしまうようなシーンがあり、その場面がいつ来てしまうのかと、ハラハラしながら見守っていました。 そしてついに終盤で、倫子が立派な魚料理を完成させ、尾花のマグロ料理ではなく、自分自身の料理を調査員に食べてもらう、と決めた瞬間にその場面は訪れました。 このタイミングで尾花が店を出ていく、と発言したのは、悪い意味ではなく、むしろ倫子を一人前のメインシェフとして認めた、といういい意味での発言だったことがわかり、寂しさもありましたが、とても安心しました。 前回の予告はとてもうまく編集してあったんだ!と逆に感心してしまいました。 ペンネーム:obanabana(40代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ミシュランの審査が入るまで数日となりました。 尾花はどうしてもマグロの料理で勝負がしたいらしく、そればかりに集中していました。 そこで倫子も魚料理のメニューを考えることにしました。 先に倫子の料理が出来上がり、店のスタッフで試食をしました。 誰もが大絶賛をする料理で、尾花も目に涙を浮かべていました。 そして、尾花は倫子の料理で星二つまで勝負をし、星三つは自分のマグロ料理を提供すると言いました。 星一つ、そして二つの調査員がやってきた後、いよいよ星三つの調査員がやってきました。 しかし、そこで倫子は自分が作った魚料理の方が尾花よりも美味しいと思い、それで勝負することにしました。 そして、いよいよ審査発表になりました。 なんと、グランメゾン東京が念願の星三つを獲得することが出来ました。 倫子をはじめ、店の皆や関係者たちは喜び合いました。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 尾花の料理ではなく、倫子が作った料理で三ツ星を取ったことに意義があったと思います。 相沢もこれでようやく家族と再会することができました。 それぞれが自分の人生をかけた勝負だったのだと思いました。 gakuの展開が意外でしたが、丹後が戻ってきたことで、何とか営業を続けることができました。 ですが、今回は残念ながら星を一つも取ることができずに、無星のレストランに転落してしまいました。 星は永遠ではなく、いつ無星になってもおかしくはない、厳しい世界なのだと思いました。 今回は特に美味しい料理ばかりが並んでいて、どれも食べてみたいと思いながら観ていました。 ペンネーム:ミサコ(50代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ミシュランの審査が近づき、尾花はフランチに禁断な食材のマグロ料理にかかりっきりであった。 倫子も新しいハタの魚料理を作り出し、シェフたちの舌を唸らせた。 もう一度グランメゾン東京の料理を食べたリンダの目から一粒の涙が流れ、価値のあるレストランと認めた。 ミシュランの調査員がやって来て、尾花のマグロ料理も完成したが、倫子は自分が作ったハタの魚料理を出すことに決めた。 そして尾花は店を去った。 グランメゾン東京は三ツ星レストランの審査に残り三ツ星を獲得した。 会場には尾花が涙を流し喜ぶ姿があった。 尾花は元師匠の店にいて倫子が現れ、二人で世界に2つ目の店舗を作ることを約束した。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 リンダにグランメゾン東京の料理の最高逃れ味が伝わり、リンダの頬に涙がこぼれ落ちた時に嬉しい気持ちとなった。 ようやくナッツ事件もここで終わりを遂げたと感じた。 gakuに丹後が戻り、グランメゾン東京に現れ危機を救い、ライバル店同士の絆が素敵に思った。。 ミシュラン審査では尾花のマグロ料理を出すことに決めたのに、倫子が突然料理をハタの魚料理に変えてしまい暗雲が漂った。 尾花がグランメゾン東京を去ってしまい、その尾花の心理が祥平から聞かされ、尾花の姿勢がカッコ良すぎる。 三ツ星レストランを獲得出来て最高の気持ちを倫子がスピ-チに尾花の名前が聞かされ胸が熱くなった。 ペンネーム:ななこ(50代・女性) まとめ.

次の

グランメゾン東京 最終回見逃し無料動画はコチラ(12/29放送)

グランメゾン東京 無料

ドラマ「グランメゾン東京」の無料動画リンク 【予約】発売予定日は2020年4月24日です。 第一話 手長エビのエチュベ 三つ星を掴み取れ! 挫折から這い上がった奇跡と感動の料理人 料理人としての人生をかけてフランスにきていた早見倫子(鈴木京香)はパリで面接を受けていた。 彼女はそんな中、一人の男と出会う。 その男こそ、このドラマの主役となる3年前のある事件がきっかけで表舞台から消えていた日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。 グランメゾン東京の 第二話 ナスのプレッセ 覚悟を決めろ! 仲間と作った涙の料理!! 「グランメゾン東京」オープンには開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかった。 銀行との交渉は進展せず苦しい助教になっていた。 そんな状況下でも尾花(木村拓哉)はお構いなしにメニューの開発に没頭していた。 グランメゾン東京の 第三話 鹿肉のロティとコンソメ プレオープン! 肉料理でライバルに勝て 「グランメゾン東京」のメインディッシュの開発に挑んでいた尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)だったが納得できるメニューを作り出せずに苦悩していた。 休日なしで毎日寝不足の皆を気遣い、倫子は休息をすすめる。 しかし、尾花は大事な時期なので休んでいる暇はないと反発する。 グランメゾン東京の 第四話 モンブランアマファソン 最大の敵現る! 涙の師弟対決!! 料理完成 プレオープンも間近となったグランメゾン東京。 そんな時、有名雑誌の編集長がくることになった。 彼女は業界では有名人で、彼女の評価一つで店の将来を決めてしまうほどの影響力を持っていた。 やる気を燃やす尾花(木村拓哉)は突然、デザートを作り直すと言い出す。 グランメゾン東京の 第五話 アッシパルマンティエ 犯人は私! 涙の告白、その時食べる感動飯 3年前のナッツ混入事件について、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。 取材を受ける元となった記事記事には、尾花の過去が大きく取りだたされ、炎上してしまう。 そして、ついに迎えたオープン当日、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルされ、オープン当日に閉店の危機を迎えることとなった。 グランメゾン東京の 第六話 鰆のロースト・水晶文旦のソース 涙の決意! 盗まれたレシピを取り戻せ!! 祥平(玉森裕太)がライバル店・gakuに入ったことを知り、戸惑う京野(沢村一樹)と相沢(及川光博)だったが、尾花(木村拓哉)は強力なライバルの出現を楽しみしているようだった。 そんな時、本年度トップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決まった。 尾花は、魚料理を開発し直すことを決めていた。 同じ頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいた。 グランメゾン東京の 第七話 ガレットシャンピニオン さよならパパ! 娘のため、三ツ星の約束 グランメゾン東京の 第八話 ビーフシチュー ねじれた関係の行方師匠から受け継ぐ魂 グランメゾン東京の 第九話 白子のポッシェ 裏切り者は誰だ? 涙の復讐に立ち向かえ! グランメゾン東京の 第十話 キジバトのドゥミ・アンクルート 最終回前スペシャル。 ミシュランの調査が始まった! 涙の料理とは裏切者は敵か味方か グランメゾン東京の 第十一話 マグロ さよなら愛する人よ!三つ星は取れるのか? 料理に命をかけた涙 グランメゾン東京の ドラマ「グランメゾン東京」の主な出演者 尾花夏樹(おばな なつき) 演: 「グラン・メゾン東京」の。 料理に全てをかける男、自分の腕とセンスには絶対的な自信を持っている。 早見倫子(はやみ りんこ) 演: オーナー。 食することでその料理の素材と調理工程が全てわかる超絶対味覚の持ち主。 芹田公一(せりた こういち) 演: 見習い。 かつては居酒屋で半年間働いていた。 松井萌絵(まつい もえ)演:。 元はホテルのブッフェレストランのパティシエ。 久住栞奈(くずみ かんな) 演: ホールスタッフ。 元フリーのフードライター。 相沢瓶人(あいざわ かめひと) 演: 部門シェフ。 元WEB料理研究家。 京野陸太郎(きょうの りくたろう) 演: ギャルソン。 元は「gaku」ギャルソンだった。 平古祥平(ひらこ しょうへい) 演: レストラン「gaku」のスーシェフ。 丹後学(たんご まなぶ) 演: レストラン「gaku」のシェフ。 尾花のライバル的存在。 柿谷光(かきたに ひかる) 演: 「グランメゾン東京」の食材処理と魚料理の担当シェフから「gaku」の部門シェフに転身。 実は、グラン・メゾン東京にスパイとして送り込まれていた。 江藤不三男(えとう ふみお) 演: レストラン「gaku」のオーナー.

次の

グランメゾン東京 9話見逃し無料動画はコチラ(12/15放送)

グランメゾン東京 無料

あらすじ 舞台はパリ。 フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。 彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。 そんな中、ある一人の男と出会う。 聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。 その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。 その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。 しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。 その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。 そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。 その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

次の