スズキ v ストローム 250。 150cmライダーが「安心」を感じたVストローム250足つき比較 トピックス

Vストローム250/スズキのクチコミ・レビュー・評価・評判・足つき情報|バイク中古車なら【Webikeバイク選び】

スズキ v ストローム 250

兄弟車であるVストロームのイメージを継承した「クチバシ」が特徴的だ。 人気高まる250ccアドベンチャーモデルから シート高800mmのVストローム250の足つきをチェック 2017年に注目を集めているのが、排気量250ccクラスのアドベンチャーモデルだ。 国内4メーカーの各モデルのシート高を比べると、ヤマハのツーリングセローは830mm。 ホンダのCRF250RALLYは875mmで、そのローダウン仕様が830mm。 カワサキのベルシスX250は815mm。 そしてスズキのVストローム250が800mmでシート高では最も低い数値となっている。 そこで今回、150cm、155cm、160cmのテスターが足つきテストを実施してみた。 結論から言うと、150cmでは両足を地面につけることはできなかった。 片足でも、なんとかギリギリといった感じだ。 ただし、150cmのテスターは「片足しかつかないけれども、これまでのバイクより安心感があった」とコメント。 撮影でも車体の保持なしでもいけそうということでサポートなしで撮影できた。 150cmのテスターに感じられたVストローム250の安心感とはなんだろうか?重心の低さによるものか、車体のバランスが優れているのか、それともハンドルが近いことで前傾にならず、身体が起き上がることで身体がバランスを取りやすい状態になっていたのか。 さまざまな原因が考えられるが、ここで答えをひとつに絞ることは不可能だ。 恐らくは、あらゆる要素が絡み合って「片足しかつかないけれど安心感ある」という感触につながったのではないだろうか。 Vストローム250はGSR(シート高780mm)というオンロードバイクがベースとなっている異色のアドベンチャーモデルではあるが、このGSRは途上国の未舗装路や石畳といった悪路走行も視野に入れて設計されたバイクでもあり、その走破性はオフロードモデルにも引けは取らない実力を秘めている。 そうしたベースモデルの個性によって、Vストローム250は他の250ccクラスのアドベンチャーモデルとは異なる資質を身に付けたのかもしれない。 安心感があるといっても、150cmでは公道走行では不安が残るポジションであることには違いない。 乗れるかどうかだけでなく、万一のことも想定して、ぜひ実車でポジションを確認してみてほしい。 フォトTOPICS(写真点数/10枚) 01150cmのテスターが乗って、両足接地を試みた状態。 左足のつま先だけ接地しているが、両足を付くことは困難だ。 02一見、ハラハラするが、テスターは「安定しているので補助はいらない」ということで単独撮影。 本人曰く「この時かなり安定していた」とのこと。 03真後ろから見てみよう。 フロントでバイクを支えているために、バランスがとりにくいのか、先ほどよりも両足が浮いている。 04腰をずらして片足着地をしてみると、つま先よりさらに接地することができた。 問題はサイドスタンドの出し入れで、Vストロームはステップより前方にあるため150cmテスターはかなり苦労していた。 05155cmのテスターになれば、足つきには全く問題なし。 ハンドルポジションも無理のない位置だ。 06わずか5cm、されど5cm。 ポジションのゆとりという点では大きな差になっている。 サイドスタンドの出し入れももちろんスムーズ。 07155cmのテスターが両足を出した状態。 08155cmのテスターの片足接地。 これを参考に、まずは実際にまたがって、自分の体格で確認してみるのが賢明だ。 09160cmのテスターになればまったく問題なし。 10余裕をもって運転できるだろう。

次の

Vストローム(V

スズキ v ストローム 250

クルマは軽自動車の人気が高く、乗用車全体の販売台数の36%を占めているという。 ちなみにバイクの場合、2018年の新車販売台数は小型二輪(251cc~)6万3220台に対して、軽二輪車(126~250cc)が5万7229台となっていて差は少ない。 特に今回試した純正オプション装着車は、トップケースやサイドケースが備わり、堂々たるスタイル。 もちろん、1000や650の兄貴分たちと並んだら、こぢんまりとしているだろう。 ただし、そのかわりと言ってはなんだが、250ならではの軽快性、足着き性の良さ、そして優れるランニングコストがある。 車検がなく、そもそも大型2輪免許がなくても乗れる手軽さは、大きな魅力といっていい。 オプション装着車で機能性アップ! 水冷並列2気筒SOHC2バルブは低中速重視のトルク型で、街乗りがしやすいのも都市に住むライダーにジャストフィットする。 ハンドル切れ角も36度と充分にあって、混雑した市街地もスイスイ行けて、大排気量モデルにはないイージーな感覚がリラックスを生む。 それでいながら車体はどっしりと落ち着きがあり、快適性もクラスを超えたものを感じさせる。 「250ccにしては」という言葉が頭に付くが、長距離を乗っても疲労感が少ないし、高速巡航力もある。 最高出力24PSを8000rpmで発揮するエンジンだから、もはやピークに達しようというところだが、レッドゾーンの始まる1万500rpmまではジワジワと粘り強く力を振り絞り、頭打ちしてもうギブアップというレブ領域はもう少し先となる。 ちなみに「Vストローム250」の車体価格は57万240円、ABS付きになると60万2640円。 これにもしオプションをフル装備すると、トータルでプラス9万2880円(別途取付費)となる。 容量23L、最大積載量3kgのトップケースにはヘルメットが入るし、左右各20L、最大積載量各3kgのサイドケースには旅の荷物が収まり、タフなツーリングへ出掛けられるのだ。 ダートも意外といける! 前後17インチのオンロード寄りとした足まわりだが、クロスオーバースタイルがゆえにオフロードも走ってみたくなる。 ダートに入ると、フラットな林道なら無難にこなしてしまうことがわかった。 車体がコンパクトで扱いやすいエンジンだからこそ、無理をしてもなんとかなってしまうだ。 ただし、コンパクトなライディングポジションとなるようハンドルが絞り込まれ、スタンディングすると違和感が生じてしまう。 未舗装路では着座してノンビリというのが現実的だろう。 とはいえ、思いのほかダートも行けてしまうことは報告しておきたい。 多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。 休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。 バイク関連著書もある。 《青木タカオ》.

次の

スズキGSX250RとVストローム250ABSを乗り比べてみた!【連載第15回】もっと上手くなりたい! 葉月美優のGSX250R RIDING DIARY (1/2)

スズキ v ストローム 250

2kgf 燃料タンク容量 17L 燃費性能 39. 2kgf 燃料タンク容量 17L 燃費性能 39. 迫力のあるボディサイズと充実した装備で、大型排気量を採用しているアドベンチャーモデルと引けを取らないクオリティが特徴的です。 それにより、250ccクラスでありがちな薄いトルクをカバーし、低中速域においても力強い走行性能を発揮します。 この特性はストリートやオフロードシーンにおいて、バイクの扱いやすさを体感することができるでしょう。 また17Lもの大容量燃料タンクと39. もちろん軽快な車体重量を実現しているため、通勤に使うことも検討したいところ。 アドベンチャーモデルを好むライダーなら、マルチに使ってみたいバイクだと感じる1台になるでしょう。 アドベンチャーモデルだからこそ、おさえておきたいカスタムパーツを厳選してご紹介したいとおもいます。 タフなデザインのケース類 アドベンチャーモデルといえば、タフなロングツーリングを想定しているライダーが多いのではないでしょうか。 スズキ純正アクセサリーとしてラインナップしているケースは、トップ・両サイドと3つのケースを装着することが可能です。 これらケース類を装着するには、専用設計のアタッチメントとリアキャリアを合わせて装着すれば安心・安全に収納能力を拡張することができますよ。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しいバイクに手が届かない。 そんな方に オススメの裏ワザを ご紹介します。 バイクを売却して購入資金をゲット! やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。 管理人一押しの下取り業者は" バイク王"です。 業界No.

次の